人材アセスメント攻略のコツ

人材アセスメント攻略のコツ@昇進試験対策.com

人材アセスメント攻略のコツ

人材アセスメント攻略のコツを以下に紹介致します。

 

人材アセスメントの背景

些か唐突ですが、人材アセスメントには、基礎理論として、K・レヴィンの場の理論B=f(P・E)があります。
BはBehavior(振る舞い)、PはPersonality(個人)、EはEnviroment(環境)です。
平たく言えば、場が人を創るという考え方ですが、人材アセスメントでは、Enviromentとして心理学的に設計された演習課題とロールプレイングが用いられ、候補者(Personality)に振る舞いを表出させます。
振る舞いとは、話した内容や書いた内容という「言語的なもの」と話の聞き方だとか、話し方、態度という「非言語的なもの」に分かれます。
アセッサーと呼ばれる評価者はその振る舞いを評価することになります。

 

ちなみに、1度人材アセスメントを経験した方なら分かるのですが、演習課題とロールプレイングは極めてストレスがかかるものです。
人材アセスメントの原型が軍隊の将校選抜試験にあるということも理由一つでしょうが、候補者に素の自分を出させるというのがその理由です。
強いストレスの元では、候補者は自分の行動を取り繕う余裕を失います。
素の自分とは、日常の業務を行っている際のありのままの姿のことです。
将来的に高い業績を挙げられる人を選抜する訳ですから、日常的に高いパフォーマンスを見せる人が高く評価されないと意味が無いのです。

 

人材アセスメント攻略のポイント

人材アセスメントを攻略する為には、演習課題とロールプレイングについてそれぞれ知っておく必要がありますが、ここでは、人材アセスメントに共通する一般的な攻略のポイントを書いておきます。

 

基本的には、如何にストレスを軽減するかということが重要となります。
ストレスがあるのと無いのでは大違いです。
ストレスが少ない環境では、客観的に自身を見ながら、落ち着いて演習に取り組むことができます。
その為には、

 

1.人材アセスメントで用いられる演習課題について事前に知っておき、当日の心の準備をしておく。
2.繰り返しの練習によりストレスに慣れておく。

 

ことが重要と言えるでしょう。
一般論と思われるかもしれませんが、人材アセスメントの受験は1回目より、2回目の方が評価が上がる傾向があります。
それはストレスに慣れていることが一つの理由なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ